>  > 超早漏の男

超早漏の男

高収入と言うことで風俗嬢になりたいと思った時のことです。求人を見たら私でも採用されそうなデリヘル店を見つけることができました。あっさりと言うかあっけなくと言うかホテヘル嬢になることができました。面接の際にはこの道が相当厳しいことを言われました。やってみると確かに厳しくすぐ「やめてしまいたい」と思うようになりました。それでも何とか続けていたら今度は色々な性癖の人や体質の人がいて新たな発見ができて面白いと思うようになりました。先日プレイした男性は超早漏の方でした。会ってからちょっと話してお風呂場に移動しました。「おっきいですね」と言ってあそこに泡をつけ二、三回しごいたら「いっちゃうと言われました。「えっ?」と行った時には時すでに遅し。あまりの早漏に何することもできませんでした。その後ベッドに移りもう一回やったのですが十回こすったくらいで発射しました。これじゃ彼女で来ても満足できないじゃんと思いながらも他人なので笑ってしまいました。

[ 2015-12-06 ]

カテゴリ: ホテヘル求人体験談

月別アーカイブ

フリースペース